Sakana-Ya > 制作道程 > 2010.10.05:Visual C++ 2010でSoftimage(XSI)のSDKを利用する方法(64bi対応)

Visual C++ 2010でSoftimage(XSI)のSDKを利用する方法(64bi対応)


VC++2010(Express Editon)でSoftimageのプラグインをビルドする手順の覚え書きです。
ウチはOSがWindows 7の64bit版なので、x64用の設定もセットになってます。

1) Windows SDKのインストール
 x64コンパイルを有効にするために、
 「Microsoft Windows SDK for Windows 7 and .NET Framework 4」をインストールする。
 ISO版は環境別に3種存在するので、x64用のGRMSDKX_EN_DVD.isoをダウンロード。

2) 起動用バッチファイルの作成
 VC++を起動する際にXSI向けの環境設定を行うバッチファイルを用意する。
 64bit用と32bit用とでXSI側のパスが異なるため、別個に作成する。
 以下は64bit用。

 @echo off
 setlocal enabledelayedexpansion
 call "C:\Softimage\XSI_7.01_x64\Application\bin\setenv.bat"
 set PATH
 set !XSISDK_ROOT!="C:\Softimage\XSI_7.01_x64\XSISDK"
 call "%VS100COMNTOOLS%..\IDE\VCExpress.exe"
 echo on

3) VC++側の設定
 バッチから起動して、SDKウィザードで作成したプロジェクトを読み込む。
 構成マネージャーのアクティブソリューションプラットフォームでx64を選択する。
 プロジェクトのプロパティ -> 構成プロパティ -> 全般 を開き、
 プラットフォームツールセットで「Windows7.1SDK」を選択する。